節目の第30回「彩の国・校友の集い」総会・懇親会を2019年(令和元年)11月9日(土)にさいたま新都心のホテルブリランテ武蔵野にて開催しました。 

参加者は、埼玉県の校友が33名、御来賓の方と合唱団メディックスのメンバーを入れて、全員で64名が参加しました。

 

会場のホテルブリランテ武蔵野です。

 

 参加者が続々と受付けしています。

 

 

第一部 総会の始まりです。

 

総会の司会は、慶事が近い2010年産社卒の加藤慎一副幹事長(円内)です。

 

 開会の辞の後、合唱団メディックスOB・OGの方々のコーラスに合わせて校歌を高らかに歌いました。 

 

 

 埼玉県校友会 小玉秀生会長の挨拶です。 

 

 仲谷総長に御来賓挨拶を頂戴しました。

 

 

次に、立命館大学校友会副会長 伊藤博行様による御来賓挨拶がありました。

  

埼玉県校友会の議事に移りました。

上條比呂志幹事長による活動報告ならびに会計報告が行われました。

 

川添修司監事による監査報告がありました。

 

全ての議事が満場一致を以て可決承認されました。

 

総会終了後に集合写真を撮影しました。(プリント用の高解像データは、一番下にアップしてあります。) 

 

 

第二部は、メディックスOB・OGによるライヴです。

「GOOD OLD DAYS 〜あの素晴らしい時代をもう一度〜」というお題で、京都合唱祭演奏曲に始まり、埼玉県のご当地ソング「なぜか埼玉」、「大宮駅から乗る女」、「春日部サンバ」、「浦和思い出宿場町」といった、社会人になってから埼玉に住んだ私はもちろん、埼玉県に生まれ育った人でも耳にしたことがないと言っている珍曲が披露されました。 埼玉県校友会の総会のために、入念にリサーチ&準備していただいていたことが伺えます。本当にありがとうございます。

 

 

 そして、女声と男声に別れて京都にまつわるご当地ソングを熱唱

 

 

 

次はアラカルト・コーナーです。

 

由紀さおり・安田祥子によるトルコ行進曲

 

Peter Paul & Maryによる 500 miles 

 

 

最後は、再びメディックスメンバー全員による「あの素晴らしい愛をもう一度」「青春時代」「戦争を知らない子供たち」などが唄い上げられ、自然と全員による合唱となりました。

 

 

  

 第三部 懇親会です。

 

 

御来賓祝辞は、山梨県校友会 会長 福田秀夫様より。

 

 1962年法学部卒の河本好令様による乾杯の発声により懇親会がスタートしました。

 

 歓談中のテーブルの様子です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 初参加者の挨拶が行われました。

 

埼玉県校友会が行う行事のうち、「歴史散歩」と「ボート部応援」についてのプレゼンテーションが行われました。

 

 

総会に引き続き加藤慎一副幹事長(2010年産社卒)と、佐古稔英常任幹事(2012年経営卒)が司会として見事な進行で懇親会を盛り上げました。

 

 クイズゲームでは、佐古常任幹事が当日の朝4時まで頑張って立命に関する問題を練り込み、大いに盛り上がりました。

 

各テーブル毎に対戦し、成績順に景品が渡されました。皆さん、大喜びで景品を受け取っています。

 

 

 

 

 

何も景品が貰えなかった人に再チャンス、ジャンケン大会が行われました。

 

 

埼玉立命で恒例になってきています、同じ学部出身者ごとに記念写真を撮りました。

 

法学部の方々

 

文学部の方々

 

理工学部の方々

 

経済学部の方々

 

経営学部の方々

 

産業社会学部の方々

 

国際関係学部と政策科学部の方々

埼玉立命では両学部とも初お目見えです。

 

トリは学部ではないですが、メディックスの方々 

 

 

ということで、あっという間にお開きの時間となりました。

 

茨城県校友会幹事長の木山秀一様のリードによる応援歌と寮歌を斉唱しました。

 

  

 

 

更に応援団の大先輩でもある中尾明久先輩(1934年法卒)より木山幹事長もご存じない演舞が披露されました。

ちなみに中尾先輩は、学生時代に末川先生とご一緒に撮影された写真をご持参され、皆様にご披露なさいました。 

 

 

 

閉会の挨拶は鈴木昌治副会長より。

 

来場頂きました皆様、また開催に向けてご協力頂きました皆様にには厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

↓【印刷用高解像度データ】

画像をパソコンのデスクトップ等にドラッグすれば、普通のプリントアウト用データとして使用できます。

前
●第29回総会
カテゴリートップ
総会
次
●第27回総会